園の楽しみ方

ルールを守って楽しもう!

嵐山モンキーパークにいるおサル達はすべて野生です。
「こわい」と思われるかもしれませんが、おサルのことをよく知り、ルールをきちんと守れば危険なことはありません。
「入園前のお知らせ」を良く読んで、安全におサル達とのふれあいを楽しみましょう。

園内にいるおサルの紹介はこちら

入園前のお知らせ

イラスト 身軽な服装がオススメ

身軽な服装がオススメ

入園口から展望台とエサ場までは、約15分から20分ほどの道のりとなります。
なだらかな山道が続きますので女性の方はヒールの低い靴でお越しいただくことをオススメします。

イラスト ベビーカーでのご来園

ベビーカーでのご来園

道はほとんど舗装されていませんので、入口事務所でお預かりしております。
ベビーカーでの入園も可能ですが、がたがたと上りにくいと思います。

イラスト 食べ物やエサについて

食べ物やエサについて

道の途中では食べ物は見せないでください。どこからおサルが出てくるかわかりません。
また、おサルのエサは展望台にある休憩所の中からだけあげることができます。
山上休憩所の売店でピーナッツやリンゴ(各100円)などが売っています。

イラスト おサルの目をじっと見ない

おサルの目をじっと見ない

おサルは近くで目を合わすと怒ったり威嚇してくることがあります。
頂上や道の途中でおサルに出会っても、目をじっと見ないようにしてください。

イラスト 持ち物について

持ち物について

ビニール袋や一部のかわいい紙袋などはおサルが興味を示すことがあります。
入園の際にはカバンに入れていただくか、または入口事務所にてお預かりいたします。

ニホンザルのマメ知識

写真 ニホンザルのマメ知識

何を食べて暮らしているの?

ニホンザルは基本的に雑食ですが肉食ではありません。食べ物のほとんどは木の実や葉、キノコなど。嵐山モンキーパークいわたやまでは、約200種類の植物を食べることが確認されています。他にはセミやカブトムシなどの昆虫類も食べます。

カラダの大きさはどのくらい?

ニホンザルは、オスとメスでカラダの大きさが違います。オスのほうがメスよりもひとまわり大きく、オスで体重は13kg~15kgくらい、メスで8kg~10kgくらいあります。ちなみにモンキーパークで一番重いメスはヒルコで約12kgです。

ニホンザルの寿命は?

ニホンザルの寿命は約30年です。メスに比べるとオスの方が少し短命の傾向があるようです。現在、嵐山モンキーパークの最長老はメスガシラで今年で30歳。今まで最高年齢はミノばあさんの33歳10ヶ月です。いずれも、やはりメスザルです。

出産期と交尾期はいつ?

ニホンザルの出産期は3月末~7月初めになります。春の来るのが遅い下北半島では出産期が少し遅く、幸島では逆に早く暖かくなる分、出産期も早まるようです。交尾期は10月~2月頃。ニホンザルには夫婦という単位はなく、交尾は乱婚雑婚です。そのことからわかるように生まれてくる赤ちゃんのお父さんはわからず、ニホンザルには母と子という関係しかありません。

トップページ